ピコシュア 美容皮膚科

このようなお悩みに

  • シミが気になる
  • 肝斑が気になる
  • くすみが気になる
  • シワをなくしたい
  • 毛穴の開きを改善したい
  • 肌のハリを出したい

施術の特徴

肌の深部から美肌へ

Doctor's Comment ドクターからのコメント

当院の一番人気のピコトリプルは、ピコスポット取り放題、ピコトーニング、ピコフラクショナルのコンビネーション治療で、肌を総合的にくすみやシミがなく、きめの整った美肌に導きます。

ピコトリプルをはじめに一度していただくと、シミがほぼなくなりますので、その後は、ピコダブルを1か月に1度継続して、くすみを改善し美肌をキープしていただくことをお勧めします。

ピコトーニング照射

トーニングとは弱い出力で顔全体に何度も照射することで少しずつ、しみやくすみや肝斑を薄くして、顔のトーンを明るくするレーザーの照射方法です。
今までの施術(PTPトーニング)では、ナノ秒(10億分の1秒)という極めて短い時間の照射をすることで、10回~20回の照射を目安に、しみや肝斑を治療してきましたが、ピコレーザーなら従来のレーザーの1/2の回数で除去が可能になりました。

ピコフラクショナル照射

フラクショナルレーザー治療とは、お肌に対して目に見えない程の極小の穴を無数に作り、この技術を搭載したレーザーをフラクショナルレーザーとよびます。
肌を入れ替える種類(スキンリプレイスメントまたはスキンリサーフェシング)のレーザーで、従来からフラクショナルCO2や、フラクショナルRFなど様々な種類があります。
肌の再生力によってコラーゲンを活性化させ、老化した肌自体を入れ替えることにより、新しい肌に生まれ変わらせることができ、ダメージを受けた皮膚は、創傷治癒過程においてコラーゲンの新生・増殖が起こることで、リフトアップ効果や肌の弾力を取り戻し、肌細胞を内側から若返らせることができます。
肌を改善するだけではなく、肌を入れ替えて若い頃の肌に戻す治療を行えるのがフラクショナルレーザーの特徴です。

ピコスポット照射

しみにピンポイント照射し、細かく分散

ピコスポット照射は、ピコトーニング照射やピコフラクショナル照射では改善しにくい頑固なシミやホクロ、アザ、ニキビ跡・毛穴・しわ等の治療にピンポイントで使用します。
また、刺青除去(タトゥー除去)にも使用します。

ピコスポット照射はピコトーニング照射やピコフラクショナル照射の何倍ものエネルギーで照射しますので、顔全体に照射することはできません。
ピコスポット照射は、皮膚病巣の強い部分限定に照射します。

従来のQスイッチレーザーよりも照射時間が短い分周囲組織のダメージが少なく、シミの場合テープ保護も不要です。

症例1 しみの症例

術前

↓ ピコスポット 1回照射

 

症例2 そばかす しみ の症例

術前

↓  ピコトリプル(ピコスポット+ピコフラクショナル+ピコトーニング) 1回照射

 

症例3 そばかす しみ の症例

術前

↓  ピコスポットシミ取り放題 1回 施術

ダウンタイム・
アフターケア・注意事項

  • 光過敏症の方、光過敏を引き起こす薬を使用している方
  • ケロイド体質の方
  • 妊娠中の方

料金

ピコスポット シミ、タトゥー 5,500円/㎠
全顔シミ打ち放題 一回 85,800円
ピコトーニング 全顔1回 19,800円
全顔10回 159,000円
全顔20回 268,000円
ピコフラクショナル 1回 33,000円
3回 85,800円
5回 136,400円
ピコダブル(トーニング+フラクショナル) 1回 49,500円
3回 132,000円
5回 198,000円
ピコトリプル(スポット+トーニング+フラクショナル) 1回 129,800円

※価格は全て税込みです