News お知らせ

NEW✨フェイスタイト (エンブレイス)

こんにちは😊Y’s clinicです💞

新しく導入した機械のお知らせです🤗💕

エンブレイスRFは、FDA(日本の厚労省にあたる米国の政府機関)も承認する技術「RFAL(RFアシスト脂肪分解)」を用いたラジオ波によって顔や体のたるみを強力に引き締める、切らないタイトニング機器です。

フェイスタイト(エンブレイスRF)とは、皮膚へ器具を挿入し、脂肪層へRF(ラジオ波)を照射して皮膚を引き締める治療のことです。 皮膚の外側と内側に接するフェイスタイト(エンブレイスRF)の器具には精密な温度センサーが設置されており、温度設定が自由にできます。 そのため、熱が強すぎて火傷したり、熱が弱くて効果が得られないといったようなトラブルが起きにくい施術です。

💓フェイスタイト(エンブレイスRF)の効果💓

フェイスタイト(エンブレイスRF) は、皮膚のたるみやフェイスラインのケアに効果が期待できます。 皮膚を引き締めることで、顔がスッキリして若々しい印象を与えられるでしょう。

♦️こんな肌悩みをお持ちの方へ

・頬や首、フェイスラインのたるみが気になる
・二重顎が気になる
・メスで切ることに抵抗がある
・スッキリした小顔を目指したい

♦️フェイスタイト(エンブレイスRF)の特徴

フェイスタイト(エンブレイスRF) は精密な温度センサーによって温度調整が細かく設定できるため、火傷しにくいことが特徴です。
皮膚下に存在する脂肪層は、50~60度の熱で縮むとされています。 フェイスタイト(エンブレイスRF)は、皮膚の内側に接する部分の温度を60度に設定し、脂肪層へアプローチ。
一方、肌の表面に接する部分は火傷しないように約37度に設定します。 そうすることで、適切な温度で皮膚を縮めることが可能です。

脂肪の収縮効果:エンブレイスRFの治療前後を比べると、脂肪が収縮してマーキングした表面積が縮小

♦️コラーゲン生成で顔や肌の若返りにも有効

RFALの熱エネルギーによって収縮する過程では、線維組織や真皮において大量のコラーゲンが生成されます。これにより引き締めと同時に、肌のハリや弾力も蘇ります。

♦️フェイスリフトとの違い

フェイスリフトとフェイスタイト(エンブレイスRF)の大きな違いは、メスによる切開の有無です。 フェイスリフトは、切開して余分な皮膚を切除します。 髪の毛で隠れる位置で切開するため、傷跡はほとんど目立ちません。
一方フェイスタイト(エンブレイスRF)では、細い器具を使うため切開せず、傷跡は器具を刺した部分のみ。 フェイスタイト(エンブレイスRF) であれば、切開後の抜糸も必要なく、傷跡を最小限に抑えられるでしょう。

♦️アキュタイトとの違い

アキュタイトは、フェイスタイトよりもデバイスが小さいため、小回りがききより浅い層へのアプローチが可能です。 ほうれい線やマリオネットラインなどへ効果が期待できます。

♦️併用できる施術

フェイスタイト(エンブレイスRF)と併用できる施術には、糸リフトと脂肪吸引があります。 糸リフトは顔に糸を挿入し、たるみを引き上げ固定する治療です。
フェイスタイト(エンブレイスRF)で皮下組織がゆるくなった部分を、糸によって引き上げます。 そうすることで、よりリフトアップの効果が期待できるでしょう。
脂肪吸引は、皮下に付いた脂肪を吸引する施術です。 そのため、頬・顎下など脂肪の多い部分を吸引することで、よりスッキリしたフェイスラインを目指せます。

興味をお持ちいただいた皆様、ぜひこの機会にお試しください✨✨☎詳しくはお電話にてお問い合わせくださいませ☎

関連記事

6月休診日のお知らせ
5月休診日
NEW✨フェイスタイト (エンブレイス)